SF異星人カグヤ姫物語

エピローグ 

 

カグヤ姫は月に帰っていきました。

月には異星人達の宇宙船がありました。

移住先の天体を探索しながら、太陽系に移住候補天体をリストに加えた異星人達の宇宙船隊は、太陽系の探索チームが月に宇宙船を着陸させた。

地球探索に複数人の探索員(スパイ)を送り込み、やがては地球人社会に関する情報をカグヤ姫達は持帰たのだった。

そうカグヤ姫は地球各地に送り込まれた異星人の探索員の一人だった。

帰還探索員達と異星人のリーダー達は、持ち帰った情報を元に検討した結果、地球人と共生することに決定した。

ただし、異星人としての存在は秘密にすること、子孫を残すためには異星人の家庭を持つこと、育児は地球人の里子とするか異星人による相互育児をすること(異星人はいわば昆虫型の寄生生物だったが、子育ての非寄生生物が全滅した)を生存戦略とした。

 

異星人の第一次移住希望者にカグヤ姫は入っていた。

もう一人の異星人とペアで倭国に戻っていった。

しばらくして異星人ジャーナリスト(今風に言えば)が他の異星人メンバーへの紹介記事を知らせるために、地球各地の侵入異星人達のインタビュー(中間報告だね)を実施した。

その頃には、異星人の地球定住プログラムに従って各地に散らばっていた。

やはり、探査員で侵入した地域に慣れしんだ地域をカグヤ姫のように再選択した者が多かった。

この頃には異星人の本部であった月基地は不要になり、地球の極地に本部を移した。

ただ本部といってもAIを含む設備のみで、各地の異星人からの質問、希望への対応法のアドバイスを送ったり、各地メンバー間のコミュニケーションを取り持つ程度であった。

地球定住を決定したからには、基本的には各人が異星人社会が地球人社会にうまく溶け込めるよう努力していくということだった。

 

異星人ジャーナリストは、本部のリストの記録に従ってカグヤ姫の居住地を訪問した。

一度離れた養父母である「お爺さん・お婆さん」の所に戻るわけにはいかず、とはいえ

身につけた医薬関係の仕事をいかして地方の医薬関係の知識層の元で働いていた。

 

異星人ジャーナリストの取材は、各地の異星人達により快適な生活できる場所を紹介して、異星人が集合しより大きな異星人社会をつくる手助けでもあった。

異星人のコミュニケーションをとるばかりでなく、移住希望者の促進でもあった。

 

 

 

SF異星人カグヤ姫物語

エピローグ

 

かぐや姫は月からお迎えがきて帰っていき

ました。

 

実は、かぐや姫は移住天体を探索している

異星人でした。

カグヤ姫達異星人は、人口増や環境破壊に

より別の移住先の天体を見つけねばなりま

せんでした。

もちろん移住宇宙船団が出発する前には、

彼らの天文学により移住先候補の天体はリ

スト化されていた。

太陽系はその候補に含まれていた。

遠方からの観測・分析から、周回軌道上か

らの観測・分析、無人探査機による現地調

査と移住先条件が満たされるたびに調査が

進められてゆく。

最終的には探索員による現地調査が不可欠

であった。

というのも地球で言えば寄生性昆虫型生物

であった異星人達には、彼らのライフサイ

クル上寄生できる生物との共生が必要であ

った。

幼生期には乳母役の生物が必要であったが、

移住先への宇宙旅行中のある種の冬眠状態

時に乳母役の生物が感染症で全滅してしま

ったのだ。

感染症に抵抗力のあったカグヤ姫達生物は

生き残った。

 

共生できるかどうかを現地調査するために、

地球各地に探索員(つまり現代風に言うと

スパイ)をターゲット生物の社会に潜入さ

せ、共生のための条件への適性を探らせた。

最終的には、実際に地球人社会に入ってい

けるかどうしても検証が必要だった。

出くわすかもしれない難題に対処できるか、

解決できるか、避けて通れるか、あるいは

無理か?

 

地球人側では、幸い中世の宮廷人や貴族階

級、あるいはカグヤ姫の養父母のお爺さん

お婆さんのような上級公務員等に接触でき

る中世ジャーナリスト?が、いわゆるカグ

ヤ姫ロスについてインタビューできた。

やはりカグヤ姫の評判はすこぶる良好だっ

た。

 

一方の異星人側でもジャーナリズムがあり、

その後の経過が明らかになった。

カグヤ姫のように地球各地から戻ってきた

探査員の報告から、最終的に地球を異星人

の希望者には移住先としたのである。

一度地球人社会に探査員として入った異星

人の中には、地球移住を希望し別地域に゙潜

入した者がいた。

また、当時地球移住を決めたリーダー達の

中には今でもその地位に残っている者もいた。

そうした異星人達に地球移住に関してインタ

ビューできた。

 

------------

(お詫び)

相変わらずのPC不調で、「SF異星人カグヤ姫

物語」は更新できておりません。

すみません。

SF異星人カグヤ姫物語

カグヤ姫達は、自分達異星人の移住先を探索しており、

世界各地に探索員(スパイ)を送り込んだ。

最初は、地球の周回軌道上から観察・サンプル調査を

行っていたが、次のステップとして極秘裏に地球に着

陸・現地調査を行った。

地球の自然環境が異星人達の居住に適合することがわ

かると、さらに次ステップとしては地球人社会に探索

員を送り込んで共同生活できるかを実地検分すること

になった。

というのもカグヤ姫達異星人は、地球で言えば昆虫型

社会を形成しており、ライフサイクルとして寄生型生

物と被寄生型生物の2種類からできた社会により生存

していた。

しかしながら、宇宙船の旅行中に被寄生生物が全滅し

てしまったので、寄生性生物のカグヤ姫達が独自の生

存環境を見出さなければならなくなり、地球にたどり

着いたのである。

地球人と共同生活するためには、秘密裏に地球人社会

に溶け込まなければならない。

異星人達が地球人社会に溶け込めるかどうかは、異星

人たちが生き延びることができるかどうかの生命線と

言えた。

今後も移住先の天体が見つかる可能性はあるが、まず

は最初の移住を成功させることは生存の第一歩である。

 

こうしてカグヤ姫を含む地球各地に侵入した実地調査

員達は、やがて調査期間を終え、異星人本部に帰還す

ることになったのである。

地球人よりはるかに高度な科学技術を持つ異星人達に

抗う術はなく、迎えに来た異星人達がカグヤ姫を無事

連れ帰った。

皇太子や跡取りの連れ合いにとカグヤ姫を考えていた

皇族や貴族、さらには手放したくない養父母のお爺さ

んとお婆さんは警護のための人員を配置したが太刀打

ちできなかった。

 

後日関係者にインタビューできたので紹介する。

皇族へのインタビューに成功した皇室ジャーナリスト

によると、

「清楚で教養も広いカグヤ姫が皇太子の正室にと推す

皇族もあり、大層残念に思われているそう。

カグヤ姫のもたらした医薬で宮中は大層重宝した」

また、貴族達へのインタビューでも

「カグヤ姫がもたらした医薬のおかげで随分健康を回

復した。

寿命かと思われた老貴族も政治に復帰できた。

できれば、跡取りの正室に迎えることができればよか

ったのだが」

また、養父母のお爺さんお婆さんは

「いなくなって寂しい限り。

赤ん坊から育てて、理性もあり、心優しい娘になって

くれた。

おまけに、我々の仕事の医薬関係にも大いに手助けに

なった。

宮廷人ばかりでなく巷の平民の医療にも大いに役立っ

た。

可愛い女の子だが、周囲を明るく健康にしてくれる不

思議な子だったなあ」

警護に失敗した兵士の連中は

「我々は警護力に随分自信を持っていたが、カグヤ姫

の迎えの連中にはまるで刃が立たなかった。

我々の警護力はトップクラスのはずなんだが・・」

 

---------------------

(お詫び)

相変わらずのPC不調で「SF異星人カグヤ姫物語」は更

新されておりません。

すみません。

SF異星人カグヤ姫物語

エピローグ

 

1969年NASAが送り込んだアポロ11号の宇

宙飛行士は人類史上初めて月面に降り立っ

た。

月面での活動はTV中継され全世界の人々が

固唾をのんで見守った。

当時の通信技術での月からの中継というの

で画像はそれ程鮮明ではなかった。

最近では多くの国が月着陸を目指してロケ

ットの打ち上げが活発になってきている。

USAのE.マスク氏は電気自動車テスラ生産、

旧ツウィター(現X)の買収、民間宇宙開發

会社スペースX設立等で有名だが、盛んに打

ち上げているロケットの目的は人類の火星移

住だそうである。

世界人口の増加、温暖化を含む地球環境の破

壊、隕石の地球との衝突など危機から人類の

生残を目指してだそうである。

各国の目的もそうであるが、火星移住を考え

るうえでも地球外資源の探索は宇宙開発を勧め

ていくうえで非常に重要である。

近隣の天体での水の存在の可能性の高まりは、

水素酸素といった資源の点からだけでなく、生

物の存在の可能性への期待を膨らませてくれる。

 

月着陸に成功した国は、米国、旧ソ連、中国、

インドそして日本(2024/01/25, 無人探査機

「SLIM」)の5カ国である(https://www.yomiuri.

co.jp science 2024/01/20)が、国産ロケット打ち

上げ可能な国は他にフランス、イスラエル、イ

ラン、北朝鮮(https://www.nikkei.com 2022/06/

21)と盛んである。

 

こうしたことで最近は月面の映像を見る機会が増

えているが、多くの人々の感情とは異なる感情を

抱きながら映像を見ている人々?がいた。

 

カグヤ姫達異星人らは、中世時代に地球探索を終

えて月基地に帰還したが、秘密裏に人間社会に潜

り込み平穏に共生していく方針が決定された。

異星人達の生き残りのためには一部のメンバーが

地球に残り、他のメンバーは次の移住先探索の旅

に出発した。

寄生性生物の異星人であるために人間社会への侵入

は不可欠であったが、異星人社会でも子育てに被寄

生体の存在が必要だったが、次第に自分達仲間が子

育てを担う様にライフスタイルを代々変えていった。

擬態能力を持っているため、乳児預かりや保育園・

幼稚園・学校と集団での子どもの世話の様子は地球

人の目からは何ら変わったところはなかった。

 

こうした地球上で暮らす異星人達にとっては、最近の

月の映像を期待に目を輝かせながら見つめる地球人の

そばでやや懸念を持ちながら見つめていた。

確か、仲間の異星人達が月基地を離れる時には宇宙船

の修復や宇宙旅行に必要な資源探索が済んだ後と聞い

ている。

また、不要となったゴミは月に残していった可能性が

ある。

地球から持ち帰って不要となった物も残していったか

もしれない。

地球人達は持ち帰り月サンプルの分析をしているが、異

星人達の資源探索の跡や月にあるはずのない異星人由来、

あるいは持ち帰り地球サンプルが辻褄の合わない物とし

て発見されないか?

月面の映像を見つめる地球人に混じって、異星人達は異

なる感情を持ちながら凝視していた。

彼らは擬態能力で見た目はまるで地球人である。

ただし、彼らは身体上の特徴を残していた。

地球人への擬態がうまくできない部分があった。

小指がうまく動かせないのである。

(USAのTV番組「インベーダー」(主演:ロイ・シネス)

へのオマージュ)

 

--------------------

(お詫び)

以前からのPC不調に加え、最近急に「検索」も時間がか

かる/不能となるなど理由のわからない状態のため、「SF

異星人カグヤ姫物語」を更新できておりません。

すみません。

SF異星人カグヤ姫物語

S.スピルバーグ監督のT.クルーズ主演のSF映画

宇宙戦争」(2005年)では、高度な科学技術を

持った宇宙人の侵略に地球人達の反撃もなす

すべもなかったが、やがて宇宙人達の勢いに陰

りが見え始め地球人達の反撃が通用するように

なる。

地球人達の攻撃で破壊された宇宙人の操縦する

ロボットから出てきた半死の宇宙人はまもなく

死んでしまう。

死亡の原因は、地球で我々の周りにいる地球人

にはなんでもない細菌に感染したためであった。

そうした細菌は、我々が生まれ育った環境にい

て、我々は自然に抵抗力を持っていたのだ。

宇宙人達には不幸なことに、そうした多くの細

菌の中で宇宙人に感染できる種類があり、しか

も宇宙人に対して病原性を示したのだった。

 

「SF異星人カグヤ姫物語」の異星人達も移住先

探索の旅行中に、仲間の異星人達を微生物感染

により亡くす経験があり、地球探索においても

地球での異星人に対して有害な可能性のある存

在、特に病原体に対して事前調査を行った。

こうして探索員であるカグヤ姫が地球人社会に

潜り込めて、無事成長できたことから地球での

生活は問題なしに思われた。

 

カグヤ姫はやがて地球人社会の侵入・探索を終

えて、月基地へ他の地球探索チームのメンバー

とともに帰還することになる。

この時に、地球で生まれ育ったカグヤ姫の体に

はダニの一種が付着していた。

地球人やカグヤ姫達異星人にも肉眼で容易に見

つけられない程の小さな生物である。

このダニの仲間は、地球人の体由来のカミ、フ

ケ、脂質等の分泌物をエサにしていた。

たまに皮膚上で炎症を起こしてカユミ、さらに

はアレルギーを起こすこともあるが、普段は支

障なく気付かないことが多い。

実は異星人達に対しても同様であった。

このダニは異星人達の体表からのフケや分泌物

をもエサにできた。

 

地球人の体表や体内には普段気付かないが常在

菌が存在している。

洗浄や消毒、あるいは薬剤を飲んでも完全に失

くすことはできない。

地球人社会で生まれ育ったカグヤ姫も同様にダ

ニが住み着いたのであった。

 

カグヤ姫の地球人社会に侵入前には、感染症

仲間を失った経験を持つ異星人達は感染症に対

してナーバスであったが、健やかに育ったカグ

ヤ姫に対しては地球環境に適応できたものと自

然と判断してしまった。

もちろん地球に秘密裏に侵入していた仲間の異

星人メンバーも無事月探査船に帰還できた。

 

カグヤ姫と地球探査船メンバーは、異星人達の

待つ月探査船や月基地に帰還時は念の為に体表

の洗浄・消毒、つまり検疫を受けたが何の問題

もないようだった。

しかしながら、洗浄しきれないダニには別の微

生物が共存、あるいは寄生していた。

この微生物はダニに対して特に有害ではなかっ

た。

つまり、この微生物はダニの体内?体表にいる

が成長が遅く、ダニの体液をおすそ分けしても

らって生存している程度で、ほぼダニには有害

ではなかった。

しかも、異星人達にはやや不運なことにダニの

体液に近い成分を異星人達も持っており、この

微生物は直接異星人たちの体液も利用できた。

微生物はダニから異星人に乗り換えられ、生存

できるのである。

 

健康で普通の抵抗力のある異星人には問題ない

が、新生児あるいは老人、あるいは病気怪我な

どで体力の低下した異星人の場合には時に微生

物の増殖を赦して抵抗力が負ける場合がある。

地球人の場合には、ある種のダニは危険な微生

物(ウイルスや細菌等)を媒介することが知られて

いる。

クリミア・コンゴ出血熱、回帰熱、重症熱性

血小板減少症候群(SFTS)、ダニ媒介脳炎、ツツ

ガムシ病、日本猩紅熱(ダニ媒介感染症、厚生

労働省)である。

 

さて、カグヤ姫は体に住み着いたダニを心なら

ずも仲間のところへ持ち帰ってしまったが、ダ

ニや微生物が異星人達に悪さをしなければ良い

のだが。

仲間の異星人達は冬眠宇宙履行中に感染症で全

滅した苦い経験がある。

ダニや微生物が異星人社会で自然と淘汰される

か、病気が拡大しても大した事の無いように願

ってやまないが、果たしてどうなっていくのか?

 

---------------

(お詫び)

相変わらずのPC不調で、「異星人カグヤ姫物語」

は更新されておりません。

悪しからず。

 

 

SF異星人カグヤ姫物語

2024年 新年がスタートしましたが、歌手の八

代亜紀さんの訃報が驚きでしたね。

昨年末に自分自身の免疫が自身を攻撃する自己

免疫疾患である膠原病とか皮膚炎、肺炎で急逝

していたそうです。

73歳だったそうです(NHK NEWS WEB 2024/01

/09)。

歌が上手い人は多いですが、歌声を聴けばすぐ

八代さんと分かる独特の声色の持ち主でした。

多数のヒトのお悔やみは八代さんの誰にも好か

れた人柄を示してますね。

最近だと歌手の谷村新司さんも驚きでしたね。

 

歌手に限らず、再放送でおなじみの俳優さん

も既に亡くなられた方が多いですね。

亡くなって永い渥美清さんや渡瀬恒彦さん、

市原悦子さんは役柄のイメージが頭に浮かび

ます。

繰り返し動いている映像を見ているせいです

かね?

 

さて、「異星人カグヤ姫」も月からの使者、

実は移住星を探索している異星人の地球探索

のスパイ?として地球人社会に送り込まれた

わけです。

月はおそらく異星人達の一時期基地であった

と思われます。

カグヤ姫の地球での求婚条件に出された無理

難題は、実は異星人達が必要な資源調達の意

味もあった。

もちろん異星人達も月基地を作った時に資源

の探索も行ったようです。

宇宙旅行中に彼らにも継続するためにも必要

な資源の備蓄、あるいは新たな資源の開発の

機会があるはず。

 

時代を経て、地球人も資源を月に求める状況

になった。

今年2024年に入って、嬉しいニュースがあっ

た。

日本の探査機「SLIM」が月着陸に成功したと

のこと。

月着陸は旧ソ連アメリカ、中国、インドに

次ぐ世界5番目。

(Yahoo ニュース 2024/01/20)

今後の月開発の激化が予想され展開に目が離

せませんね。

 

-----------

(お詫び)

あいも変わらずPC不調で、「SF異星人カグヤ

姫物語」の更新ができておりません。

本年もご迷惑をおかけしますが、よろしくお

願い致します。